除湿乾燥機の種類は?選び方は?使うときのポイントは?

梅雨ってイヤですよね!
家事をこなしつつ、湿気対策もしないといけません。
特に洗濯の室内干しによる部屋の中のジメジメが。。。
  
 
手っ取り早いのは除湿機を購入することですが
いろんな機能もあるし、下調べも何もせずに
いきなり購入してしまってから
あとで後悔するのも悔しいですよね!!
  
 
そこで、除湿機のポイントについてまとめてみました!




Sponsored Link



  
 

除湿乾燥機の種類は?

 
除湿機は今は乾燥機と一体になっているものが大半で
主に3つのタイプに分かれます。
 
①コンプレッサー方式(コンプレッサー式除湿機)
空気を冷やすことにより水分を取り除く除湿乾燥機です。
コンプレッサーを通して冷媒(フロンガス)を循環させ、
フロンガスで熱交換器を冷やし湿気を水滴に変えて除湿します。
室温は1~2℃程度上昇します。
 
長所:高温時(25度以上)での除湿力が大きいので、
   梅雨~夏場に向いています。
   除湿量が多いので湿気の多い季節でもパワフルに乾燥できます。
短所:コンプレッサーがあるため 、振動音が大きいです。
   本体サイズが大きめでやや重くなってしまします。
 
 
②デシカント方式(デシカント式除湿機 )
水分の吸着性能に優れたゼオライト(乾燥剤)で水分を
取り除く除湿乾燥機です。
冷媒(フロン)を使わずに除湿が可能です。
ゼオライトで除湿した後、ヒーターであたため乾燥した空気を
吐き出します。
室温は3~8℃程度上昇します。
 
長所:低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができ、
   1年を通して使うことができます。
   コンプレッサーが無いので軽量でコンパクトで静かです。
短所:ヒーターを使う分消費電力が大きくなってしまいます。
   発熱量が多くなり部屋の温度が上がってしまいます。
 
 
③ハイブリットタイプ(ハイブリットタイプ除湿機 )
デシカント方式とコンプレッサー方式の長所を融合させた、
新しいタイプの除湿乾燥機です。
夏場はコンプレッサー式で気温上昇を防ぎ、
冬場はデシカント式で除湿能力の低下を防ぐため、
一年中変わらない除湿能力を維持することができます。
室温1~8℃程度上昇します。
 
長所:長所を融合させた除湿乾燥機なので、
   一年中変わらない除湿能力を維持することができます。
短所:機能が充実しているため、本体価格は若干高めになってしまいます。
 


Sponsored Link


除湿乾燥機の選び方は?

 
これは各環境によって変わってくるのですが、使う時期、場所から
どれを選ぶかが賢い選択です。
 
  
・室内の除湿、押入れなど収納の除湿に使う場合は
梅雨~夏がメインになりますので、コンプレッサー方式がオススメです。
 
・花粉症や、洗濯の室内干しに使う場合は
春~梅雨がメインになりますので、ハイブリット方式がオススメです。
 
・室内の結露対策の場合は
冬がメインになりますので、デシカント方式がオススメです。
 
次に使い場所としてですが
・主に居間など広い空間の場合
広い空間では除湿パワーが大きい方が便利なので、除湿量の多い
コンプレッサー式がオススメです。
 
・寝室などの個室の場合
就寝時も運転するのであれば、音が小さい方が良いので、
コンプレッサーの無いデシカント方式が比較的静かです。
 
・押入れなどの収納除湿に使用する場合
スポット的に除湿できるタイプや、スポット用の
アタッチメント付きのものがオススメです。
 
・簡易冷房として使う場合
室内全体を冷やすにちパワー不足ですが、スポット的に冷風を出して
涼むことができるコンプレッサー式がオススメです。
 
 

除湿乾燥機を使うときのポイントは?

 
除湿乾燥機を使うときには、ドアや窓を閉めておくのは
周知のことですが、例外として冬などは家や外気の湿度が低いので、
開けておいた方が早く乾燥するケースもあります。
 
 
例外を除いた場合、ドアや窓を開けたままだと電気代が
上がってしますので、家計にも除湿にも良くないです。
除湿乾燥機を使うときには、周りの状況を見ることが必要ですね。
 
普段から部屋に置いておくものなので、見た目や、デザイン、
色なども慎重に考えるべきですし、
あまり圧迫感のないものが良いです。
 
 

まとめ

 
いくつかのタイプがありますので迷うかもしれませんが、
決して安い買い物ではないですし、部屋に置いておくものなので、
インテリア面も考えつつ各環境に合った物を選ぶのが良いですね
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする