日焼け止め化粧品の選び方は?使うコツは?バッチテストやり方は?

真夏の日差しの強い日に外出して直射日光を浴びると
「痛い」と感じることがありますが、
この感覚の原因のひとつになっているのが
太陽光に含まれる紫外線です。

紫外線は日焼けの原因になり
お肌の老化を促進するとされていますし、
白内障などの眼病の原因ともみなされています。

また紫外線は夏場だけではなく冬場も受けていますが、
夏場の半分程度の線量にとどまります。

だいたい4月頃から紫外線の線量は増え始めるので、
そのまえに対策を立てておきましょう。



Sponsored Link


 

日焼け止め化粧品の選び方は?

 
日焼け止め化粧品には紫外線を反射して
日焼けを防ぐ紫外線散乱剤を含むものと、紫外線を吸収し
熱に変えることで
お肌のダメージを防ぐ紫外線吸収剤を含むものがあります。

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3つの波長がありますが、
UVCは地球の大気にじゃまされて地上にはほとんど届かないので、
日焼けの原因となるのはUVAとUVBのふたつになります。

お肌は表皮と真皮の2層になっていて、
日焼けの主な原因であるUVBは表皮までですが
お肌の老化を促進するUVAは真皮にまで届くので、
日焼け止め化粧品にはこの2つの紫外線を防ぐ工夫がされています。

UVAを防ぐ効果の目安としてはPAという数値が、
UVBの場合はSPFという数値が化粧品の
ラベルに表示されています。

SPFの値は2~50までの数値で表され、
50以上の効果のものはすべて50+で表示されます。

いっぽうPAの値は、以下のように四段階で表示されます。

PA+    → UVA防止効果がある。
PA++   → UVA防止効果がかなりある。
PA+++  → UVA防止効果が非常にある。
PA++++ → UVA防止効果が極めて高い。

簡単にまとめると、紫外線から表皮をガードするには
SPFの値の大きいものを選び、真皮をガードするには
PAの値の大きいものを選べばよいということです。

レジャーなどで屋外にお出かけのときだけでなく
日常生活でも紫外線に気をくばり、
それぞれの状況に適した日焼け止め化粧品をお選びください。

 


Sponsored Link


日焼け止め化粧品の使うコツは?

 
日常的にお使いなる化粧品は
PA+、SPF20といったお肌への負担が軽いものを選び、
屋外にお出かけのときには
ワンランク上の日焼け防止効果のものを
選ぶようにするのと、汗などで流れ落ちた部分を
こまめに塗り直すことを心がけてください。

日焼け止めを落とすのにクレンジングが必要になりますが、
クレンジングがお肌にダメージを
与えることもあるのでご注意が必要です。

汗や水で簡単に流れ落ちないよう、
またお肌への使用感を向上させるために合成ポリマーや、
シリコンなどを成分に含む日焼け止め化粧品が増えています。

こうした化粧品をしっかり洗い落とすには、
クレンジング効果の高い専用のクレンジング剤が
どうしても必要になりますが、同時に皮脂膜や角質層の
細胞間脂質、天然保湿因子などの
お肌の保湿成分まで洗い落としてしまうので、
お肌を乾燥させないスキンケアが重要です。

クレンジングのときにお肌が受けるダメージを
できるだけ小さくするという点では、
合成ポリマーやシリコンを含まないか
含んでいても少量の化粧品を選ぶのが無難です。

日焼け止め化粧品のバッチテストやり方は?

 
化粧品のバッチテストは顔で試すものと思われがちですが、
万一炎症が起きた時のことを考え、
腕の内側などの炎症が起きても
目立たない場所でテストしてください。

以下がバッチテストのおおよその手順になります。

1.化粧品適量を、入浴後ベッドに入る前に肘より
下の腕の内側に塗ります。
2.24時間様子をみて腫れや痒み、
赤みが出ていないかを確認します。
3.腕のテストで問題がなければ、
フェイスラインに少量を塗ってみて再確認します。

化粧水などの場合は直接塗るよりも、
絆創膏のガーゼ部分に適量を染み込ませて貼りつけ、
そのままで2日ほど放置して様子をみたほうがより正確な
反応を見るのにはいいでしょう。

絆創膏をはがした後も、
念のためにその翌日まで様子を見てから判断してください。
  
  

まとめ

 
日焼け止め化粧品を塗った後に汗をかいたりタオルで拭いたりすると、
お肌に塗られた紫外線を防ぐ成分にムラができ、
成分の少ない部分は紫外線の影響を受けてしまいます。

これではせっかくの日焼け止め化粧品の効果も
意味がなくなってしまうので、日焼け止め化粧品は
ムラなく多めに塗り、2~3時間おきに
塗り直すようにしましょう。

もしそれでも日焼けしてしまったときは、
ほてって赤みを持った部分をよく冷やし、ほてりがひいたら
ダメージを受けたお肌への水分補給が必要ですが、
お肌は皮膚が傷つき敏感になっていますので、
ケア用品は刺激が少ないものを選んでください。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link