父の日のプレゼントのおすすめの物は?焼酎は?花の種類は?

母の日の影に隠れて忘れられがちなのが父の日ですが、お父さんも
家の外では何かと苦労も多く、見えないところで頑張っているものです。
 
 
そんなお父さんに父の日のプレゼントを贈ろうと思っても、
母の日のカーネーションのような定番が父の日にはありません。
 
 
父の日はアメリカではじまり歴史が浅いのと、赤いバラを贈るという
一応の決まりはあっても、花を贈られて喜ぶ男性は少数派でしょう。
 
 
そういう理由で父の日は影が薄いのですが、アイデア次第で父の日を
演出することも自由ですから、自分なりの贈り物を
考えてみてはいかがでしょうか。
 
 



Sponsored Link



 

父の日にプレゼントするおすすめの物は?

 
サラリーマンのお父さんへのプレゼントであれば、オフィスでも使え、
毎日身近にあるちょっとしたビジネスアイテムはいかがでしょうか。
 
 
一例として、名刺入れ、革製のイニシャル入りペンケース、パスケース、
ネクタイ、タイピン、カフスボタンなどが考えられます。
 
 
「健康」を気遣うのであれば各種の健康グッズやマッサージ家電、
安眠枕などをおすすめします。
 
 
「息抜き」をプレゼントするのなら、
・甘党のお父さんには好物のスイーツ
・家での晩酌が日課のお父さんなら酒の肴になる珍味
といった辺りが良いでしょう。

手作りの一品をプレゼントすればさらに喜ばれることうけ合いです。
 
 
ちょっと奮発してお酒を贈るのも至福のひと時のプレゼントになります。
お父さんが自分で買うときは「量」優先でも、貰うなら「質」優先ですね
 
 

Sponsored Link


父の日にプレゼントする焼酎は?

 
一押しは「特蒸泰明」という麦焼酎で、これを飲んで
“まずい”という人はまずいません。
 
  
「中々」という麦焼酎も、ふだんはあまり焼酎を飲まない私でも飲みやすい
と感じましたし、これを好んで飲む人もけっこう見かけます。
 
 
閻魔(えんま)という麦焼酎もロックで飲むと口当たりがまろやかになり、
一日を締めくくる晩酌で呑むのにはうってつけだと思います。
 
 
ボトルも個性的で赤いラベルに閻魔と毛筆体で書かれていて、最近では
緑色と黒の閻魔も登場しましたが、赤とは蒸留方法がちがうようです。
どれを選んでも贈り物としてのインパクトはあるのではないでしょうか。
 
 
クセがなくて飲みやすい芋焼酎に「富乃宝山」がありますが、プレミア価格
がつくほど人気がありロックでグイグイ飲めます。
 
 
私が好きな焼酎は霧島酒造の「黒霧島」で、クセがないので飲みあきません
また和歌山吉村秀雄商店(酒蔵)の「黒潮波」と言う米焼酎もおすすめです
 
 
変わったところでは奄美産の「れんと」という黒糖焼酎はクラシック音楽を
熟成タンクに響かせながら熟成させるというロマンチックな焼酎で、
奄美の天然湧き水を使ったフルーティ-で美味しい焼酎です。
 
 
また最近ではオリジナルラベルを作るサービスもあり、贈り物の焼酎ラベルを
お父さんの名前にしたり、ちょっとしたメッセージを添えることもできます。
 
 

父の日にプレゼントする花の種類は?

 
父の日の定番の贈り物は赤いバラの花で、故人であれば白いバラです。
 
 
バラの花にも様々な種類があり、品種改良がさかんに行われてきたため
数えきれないほどの個性的なバラがありますから、お花屋さんの店頭で
お父さんのイメージに合うバラを探してみてはいかがでしょうか。
 
 
太陽に向かって真っ直ぐに立っているヒマワリのたくましい姿も
がんばっているお父さんをなんとなくイメージさせてくれますし、
バラの花が照れくさいお父さんでも受け取りやすいのでは?
 
 
生花だとすぐに枯れてしまうので鉢植えを贈るケースも多いようです。
手間のかからないハイドロカルチャーの鉢植えも多く出回っているので
忙しいお父さんでも育てられ、鉢植えに癒されるお父さんもいるようです
 
 
ガーデニングが趣味のお父さんであれば花の種を贈るのはどうですか?
キンギョソウ、グラジオラスなどはかわいい花が咲くのでおすすめです
 
 
カンパニュラやマツムシソウは手間はかかりますが、可憐で清楚な紫色の
花をつけ、二年草なので越冬して翌年も花を咲かせます。

また花ではないのですが、枝豆や小玉スイカといったベランダとかの
狭いスペースでも育てられる家庭菜園のセットを贈るのはどうでしょう。
収穫した枝豆はお父さんの酒のつまみになるので、案外熱中するかも?
 
 

まとめ

 
会社勤めのお父さんは平日家にいる時間が少ないので、お母さんに比べて
存在感が希薄になりがちです。
 
 
そうした家族から浮いてしまったお父さんからすれば、家族の絆を再確認
させてくれる贈り物がなにより嬉しいといえるでしょう。
 
 
つまり父の日のプレゼントを贈るのとは別に、お父さんと向き合う時間も
大切なのかも知れませんね。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link