エアコンの掃除の道具は?方法は?裏ワザは?

日差しが強くなり汗ばむ季節になるとエアコンを使いはじめるご家庭も
あるかと思いますが、冬の間にフィルターに付着したホコリのせいで
エアコンの冷房効率が下がってしまうこともあるので、本格的に暑く
なる前に一度フィルターのお掃除をすることをおすすめします。
 
 
ただし間違ったやり方でエアコンを壊してしまっては大変なので、
正しいお掃除方法を知っておきましょう。
 



Sponsored Link


 

エアコンの掃除の道具は?

 
エアコンをお掃除するときには掃除機を使いますが、次の小道具を
揃えておくと効率よくお掃除することができます。
 
・マスク:細かなホコリが飛び散るので吸い込まないようにします。
 
・新聞紙:フィルターをお掃除するときに床を汚さないよう敷きます。
 
・使い古しの歯ブラシ:ホコリや汚れを擦ったりして落とします。

・爪楊枝:フィルターに目詰まりした細かいゴミやホコリを取ります。
 
・雑巾:エアコン本体を拭いたり、フィルターの汚れを拭き取ります。
 
・中性洗剤:エアコン本体の汚れが落ちにくいときに使います。
 
これらを汚れの度合、部分に応じて使い分けてフィルターのホコリを
取り除くことで、エアコンの冷房効率もあがり電気代の節約にもなります。
 
 
また、手が汚れるのが嫌な方や洗剤で手が荒れやすい方は
ゴム手袋も使ってください。
 
 

Sponsored Link


エアコンの掃除の方法は?

 
お掃除中にエアコンが誤作動して故障するようなことがあっては
いけないので、エアコンのコンセントはきちんと抜いておきましょう。
 
 
エアコンの正面カバーを開けたら中からフィルターを取り出す前に
掃除機でフィルターに付いたホコリを吸い取りますが、このときに
乱暴に掃除機をかけるとホコリが飛び散るので気をつけてください。
 
 
フィルターをそっと取り出したら床に敷いた新聞紙の上で今度は念入りに
掃除機をかけますが、フィルターの外側から吸い取るようにしないと
フィルターが目詰まりしてしまうので注意してください。
 
 
フィルターの目に詰まったホコリは内側から爪楊枝でつつき出すか、
中性洗剤を溶かしたぬるま湯につけた使い古しの歯ブラシでこすり落とします。
ホコリをこすり落とした後の水気をしっかり切っておかないと、カビの原因に
なってしまうので注意して下さい。
 
 

エアコンの掃除の裏ワザは?

 
掃除機が無い場合のフィルターお掃除の裏ワザとして、食器洗い用の
スポンジを使う方法もあります。
表両面が凸凹のものより、平らなものを使うのをおすすめします。
 
  
掃除の仕方は、広げた新聞紙の上にゴミ箱を置きその上でフィルターの
ホコリが付いていない側をスポンジの角で軽くなでるように一方向に
こすると、ホコリは塊になってゴミ箱の中に落ちていきます。
 
 
手間は掛かりますがこのやり方でフィルターの掃除が出来ます。
強くこするとホコリが飛び散るのでやさしくこするのがポイントです。
目詰まりしたホコリは爪楊枝や歯ブラシで取り除いてください。
 
 
このやり方なら掃除機を使わないので夜中でもフィルター掃除ができ、
電気代の節約にもなります。
 
 

まとめ

 
エアコン洗浄スプレーも市販されていますが効果はあまり期待できず、
かえって電気回路などに悪影響が出る可能性があるのでおすすめできません。
 
 
エアコン臭が気になるときはエアコンの中部にカビが発生している
かも知れないので、送風運転をこまめにしてエアコン内を乾燥させて
カビの繁殖を防止するようにしてください。
 
以上です。
  
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link