修学旅行バッグの種類は?サイズは?注意点は?

お子様の修学旅行のバッグ選びってかなり重要だと思います。
 
特に小学生の修学旅行に持って行くバッグとなると、
種類やサイズ、それにバッグを選ぶときの注意点もあります。
 

特に女の子のお子様は、色や柄、キャラクターが描かれて
いるものなど可愛いデザインのバッグを選ぶと思います。
 
確かに可愛いバッグがいいとは思いますが、しっかりとした
修学旅行に最適なものを選んであげてください。
 

色や柄を気に入ってくれて、しっかりとしたバッグなら
最高ですね♪
 



Sponsored Link



  
 

修学旅行バッグの種類は?

 
修学旅行バッグとえば定番はボストンバッグです。
ボストンバッグは元々アメリカのボストン大学の
学生カバンとして指定したことから始まりました。
 
教科書やノート、本などたくさん入れても大丈夫
なように丈夫に作られているいます。

 
現在では旅行、特に国内旅行や修学旅行で持って行く
定番のカバンとなっています。
 

他には、キャリーバッグやスーツケースがあります。
 
スーツケースは小学校のお子様にとってはバッグ自体が重く、
小学校の修学旅行には不向きだと思います。
 

お母様、お父様が学生の時は、ほとんどボストンバックを
持参されていたと思いますが、最近では、キャリーバッグを
持参する学生が少なくないようです。
 

理由は、おみやげを潰さないで持ってかれたり、キャスターが
ついていて楽だからだそうです。
 
しかし、小学校の修学旅行では平坦な道が少なかったりするので
逆に持ちにくいと思います。

 

Sponsored Link


修学旅行バッグのサイズは?

 
修学旅行に持っていくバッグのサイズを選ぶときには、バッグに
詰めて持っていく荷物の量がどれくらいの量なのかが重要です。
 
荷物の量は、修学旅行の日数や修学旅行の内容で大きく違います。
 

修学旅行の日数が1~3泊の場合は25L~30Lのサイズ。
4~5泊の場合は35L~55L。6泊~7泊の場合は55L~70Lが目安です。
 
学校で小さいバッグも持参してくださいという指示があるなら、
持参する小さめのバッグと修学旅行バッグの兼ね合いも考慮して
ください。
 
 

修学旅行バッグの注意点は?

 
修学旅行バッグを選ぶときの注意点は、修学旅行の当日にバッグに
詰めて持っていく荷物の量を想定することです。
 
バッグのサイズを大きくしていけば、重さも重くなり、お子様の負担
になってしまうかもしれませんので注意しましょう。
 
実際に修学旅行当日の荷物を作ってみると確実に選べますよ。
 

それと、学校側からキャスター付きのバッグは禁止などの指定がある
場合もありますので注意しましょう。
 
 

まとめ

 
修学旅行バッグはボストンバッグがおすすめです。
 
サイズは余裕を持って・・と大き目のバッグを選ぶとお子様の負担に
なることもありますので注意しましょう。
 

修学旅行は当日はもちろんですが準備もワクワクして楽しいものです。
お子様と一緒に選んであげて楽しむのも良いものですね!
 
バッグだけではなく、ご自身の経験を元に持ち物などもアドバイス
してあげて下さい!
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする