アイスノンで赤ちゃんの寝汗対策は大丈夫?注意点は?

暑い夏の夜には寝汗に悩まされちゃいますよね。
それは身体の小さい赤ちゃんも同じなのです!
 
赤ちゃんは体温が高いので寝汗をかくことが多いです。
 
赤ちゃんがいる家庭は、冷房をつけると汗が冷えて
風邪をひいてしまわないか心配ですよね?
 
赤ちゃんの寝汗の一番簡単な対策として、
アイスノンを使ってみるのはいかがでしょうか?
 
そこで、アイスノンで寝汗対策をするのは大丈夫なのかや、
対策の方法、注意することをご紹介します!
 



Sponsored Link



 

 

アイスノンで赤ちゃんの寝汗対策は大丈夫?

 
赤ちゃんが寝汗をかいたときに、
そのままの状態にしておくと身体が冷えて
風邪をひいてしまうことがありますよね?
 
そんな心配をなくすためには
汗をかくことを軽減させてあげないといけません。
   
 
普段、熱が出てしまった時っておでこを冷やしますよね?
それと同じ原理で、頭を冷やすことで体感温度も低くなります。
 
ですので、赤ちゃんの寝汗対策にアイスノンを
使用するのは効果あり!なのです。
  
 
しかし、赤ちゃんは自分一人だけで体温調節ができません。
  
 
ですので、部分的に冷やし過ぎてしまうと
体温がどんどん奪われてしまいとても危険です。
 
親御さんが起きている間で、目の届く範囲のときだけに
使用するようにしましょう。
  
 
1歳を越えた頃からは、
自分で体温調節が出来るようになってきますので、
アイスノンを使って寝ても大丈夫です。
 
  

Sponsored Link


アイスノンで赤ちゃんの寝汗対策の注意点は?

 
赤ちゃんにアイスノンを使用するときは、
直接肌に触れないように、
タオルでくるくる巻くように覆いましょう。
  
 
あまり巻かないと、肌に触れる部分が
とても冷たくなってしまいますので注意しましょう。
  
 
また、赤ちゃんに何も巻いていない
アイスノンが絶対に触れないようにしてあげましょう。
 
寝ている時に、長時間同じ部分に当たると
低温やけどを引き起こす可能性もあります。
大切な赤ちゃんが痛い思いをしないように、注意しましょう。
  
 
上記にもありますように、
部分的に冷やし過ぎてしまうのはよくありません。
  
 
ですので、タオルはきちんと巻いて、寝入った後に
汗が落ち着いてきたら、アイスノンを取ってあげて、
吸水性の良いガーゼなどを巻いた枕にきちんとかえてあげましょう。
 
 

まとめ

 
赤ちゃんも夏の寝汗は不快です。
 
アイスノンを使って快適に寝入ることができるように
手伝ってあげましょう。
 
赤ちゃんが風邪をひいてしまったり、
体調不良にならないように
アイスノンは必ずタオルなどを巻いて
温度の調節をしてあげるようにましょう。
 
すっきりと赤ちゃんが寝れようにしてあげましょうね!
  
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link